カイリー・ミノーグ、ワールドツアーをキャンセル

関連写真画像 1枚・2007年10月16日、自身の活動を記録した映画『White Diamond』のプレミア上映会に出席した歌手カイリー・ミノーグ(Kylie Minogue)。(c)AFP/Shaun Curry

【11月6日 AFP】オーストラリア出身の歌手カイリー・ミノーグ(Kylie Minogue、39)が2008年6月から予定していたワールドツアーをキャンセルしたことを、5日のデーリー・メール(Daily Mail)紙で、ミノーグ自ら明らかにした。

 2005年に乳がんの手術を受け、2006年には歌手活動を再開していたが、ワールドツアーの計画は医師の指示により見送ることになったという。

「自分の仕事ができないことは、とても残念。計画が実現できず、とても残念に思っているわ。女性には優先順位があって、その上位にあるのが健康。わたしは健康に注意しているけれど、そればかりに気を取られているわけではない。自分のペースで進めているだけ」と話した。

 ミノーグは2005年に乳がんと診断され、「ショーガール・ツアー(Showgirl Tour)」を中止したが、2006年にはツアーを再開。間もなく、がん克服後初のアルバムリリースも予定している。

 がんが自身の体に及ぼした影響については達観しているというミノーグは、10月に行われたインタビューの中で、「体は太って以前のような体じゃなくなったけど、これが今のわたし。すっかりなくなった、まつげや髪をはやさなきゃならなかった。びっくりよね。がんからわたしが学んだことを表現するのは難しいけど、心理的で感情的な変化があることは確かよ」と語っている。(c)AFP

posted by タレントの塊〜タレントやグラビアアイドル at 16:23 | 音楽・ipod
タレントの塊〜タレントやグラビアアイドル・トップページへ